JAS法とは

契約書

「的生活合理的な農林物資の規格を制定し、これを普及させることによって、農林物資の品質改善、生産者の合理化、取引の単純構成価および使用または消費の合理化を図るとともに、農林物資の品質に関係する適正な表示を行わせることにより一般消費者の選択に資し、もって公共の福祉の増進に寄与すること」が目的とされています。

つまり、この法律は、消費者が商品選択に役立てること、農林物資の規格化(JAS規格)と品質表示の適正化を定めるという大きく2つの制度から成り立っています。

農林物資とは

飲食料および油脂
農産物・林産物・畜産物・水産物の原料・加工品等

JAS規格とは

日本農林規格(JAS規格)による格付け検査に合格した製品にJASマークの添付を認めて、食品の品質改善、生産の合理か、取引の公正か、使用または消費の合理化等を図る精度。

その他

日本農林規格の制定
品質表示の適正化
商品選択のための表示
品質表示