高尿酸血症・痛風の栄養療法

バランスのよい食事
人間の代謝ではプリン体があります。
不要になったプリン体は、肝臓で尿酸に代謝されてから尿中に排泄されます。
体内で合成されるプリン体は80%
食べ物から摂取されるプリン体は20%

高尿酸血症とは

尿酸の血中濃度が7.0mg/dlを超えると高尿酸血症です。
注意したいのはアルコールです。
なぜならアルコールは、

  1. エタノールの最終産物が尿酸
  2. アルコールの代謝で生じた乳酸は、尿酸排泄を抑制
  3. アルコール飲料中にプリン体を含む

この3つが大きいです。

高尿酸血症は、痛風・尿路結石の原因となります。

痛風とは

高尿酸血症があり、急性の関節炎が起こることを痛風と言います。
夜間寝ている間に、足の親指の関節に、発赤・腫脹・激痛が特徴です。
高尿酸血症の10%の人が痛風になると言われています。
男性に多いです。
慢性期だと、足関節・手指・耳介などにも痛風が見られます。

高尿酸血症・痛風の栄養療法

基本

  • プリン体・アルコールの制限&肥満解消
  • エネルギー25~30kcal/kg
  • タンパク質1.0g/kg
  • プリン体150~300mg
  • アルコール制限
  • 水分 1日に2ℓ以上飲むこと
  • バランスの良い食生活
  • プリン体は、内蔵・肉類・魚類・イカ・イクラなどに多いです。
  • しかし、鶏卵には少ないです。
  • ブイヨンベースのスープにも注意