食生活指針について

食生活指針

生活指針とは

食生活改善のために、文部科学省&厚生労働省&農林水産省が2000年に策定しました。
食生活指針の特徴は、「食料生産・流通から食卓、健康へと幅広く食生活全体を視野に入れているところです。」

食生活指針の12か条

食事を楽しみましょう
1日の食事のリズムを大事に
主食・主菜・副菜を基本に
ご飯などの穀類をしっかりと
野菜・果物・牛乳・乳製品・豆類・魚も組み合わせて
食塩や脂肪は控えめに
腹八分目にしよう
地域の産物をいかして、ときに新しい料理も
保存をいかして、無駄を少なく
自分の食生活を見直そう