食品添加物の表示のルールについて

マシュマロ
こちらでは、食品添加物が表示される際のルールについてまとめています。

食品添加物の表示名は原則【物質名】とする

食品添加物の表示は、物質名にするのが原則です。

ただし、別名・簡略名がある場合は、そちらを表示してもよいです。
例えば、ビタミンC・(V,C)などですね。正式名称はL-アスコルビン酸となります。

物質名だけでなく【用途名の記載】が必要なもの

以下の食品添加物は、用途名までの記載が義務付けられています。
食品名にも、よく見かけますよね。

  • 甘味料
  • 着色料
  • 保存料
  • 増粘剤
  • 安定剤
  • ゲル化剤
  • 糊料
  • 酸化防止剤
  • 発色剤
  • 漂白剤
  • 防カビ剤

一括名が許可されている添加物

同じ機能を持つ添加物を複数使用するもので、個々の物質を表示する必要性が低いもの・使用量が少ない香料・天然の食品にも含まれる有機酸などは、一括名が可能になっています。

たとえばこれ↓

  • イーストフード
  • ガムベース
  • 冠水
  • 酵素
  • 光沢剤
  • 香料
  • 酸味料
  • チューインガム
  • ガム軟化剤
  • 調味料(甘味料・酸味料をのぞく)
  • 豆腐用凝固剤
  • 苦味料
  • 乳化剤
  • ph調整剤
  • 膨張剤

※つまり、これらは複数使用されていても一括名で表示されている可能性があります。

たとえ、バラ売りでも表示が必要な添加物

  • イマザリル
  • ジフェニル
  • オルトフェニルフェノール
  • オルトフェニルフェノールナトリウム
  • チアベンダゾール
  • サッカリン
  • サッカリンナトリウム

表示が免除される添加物

なかには、表示が免除されている添加物もあります
こちら↓

加工助剤

食品の加工の際に添加されるものであり、しかし完成前に除去されるもの

(塩酸など)

食品中に通常含まれる成分と同じ成分にかえられて、かつその成分の量を明らかに増加させるものでないもの

(水練り製品の焼き色をつけるキシロースなど)

量が少なく、かつ影響を及ぼさないもの

(殺菌目的のエタノールなど)

キャリーオーバー

原材料に使用されるが、製造においては使用されないもの。さらに少量であること
(せんべいの味付けをした醤油の中の保存料など)

栄養強化の目的で加えられるもの

しかし、酸化防止の目的でビタミンCを使用した際は、酸化防止剤(ビタミンC)の表示が必要