食中毒の種類&特徴

食中毒とは、人体に入った有害物質によって起こる、比較的急性の健康障害です。
(有害物質は、細菌・ウイルス・化学物質など)

細菌性食中毒

  • ある程度、細菌が増殖しなければ、食中毒にはならない。
  • 細菌は身近に存在する
  • 細菌が増殖しても、味・ニオイに変化がないので、気づきにくい

細菌性食中毒は、さらに感染型・毒素型にわかれる

感染型食中毒

  • サルモネラ菌
  • 大腸菌
  • 赤痢菌
  • コレラ菌
  • 腸炎ビブリオ
  • ウェルシュ菌
  • セレウス菌
  • カンピロバクター

※食品中で、増殖した細菌が、腸管に感染すると発症する。そのために潜伏期間は24時間と、比較的長い

毒素型食中毒

  1. 黄色ブドウ球菌
  2. ボツリヌス菌
  3. セレウス菌

※食品中で増殖した細菌が、毒素を放出。そのため潜伏期間が比較的短いのが特徴

ウイルス性食中毒

  • ノロウイルス

※食品中では増殖しない。体内で増殖して、人から人へ移るのが特徴

化学性食中毒

※化学性食中毒は、さらに自然毒・化学物質にわかれる

自然毒

  • フグ
  • 毒キノコ
  • バレイショ
  • 青梅

化学物質

  • メタノール
  • ヒ素
  • 水銀

アレルギー食中毒

アレルギー食中毒は、細菌によって食品中のタンパク質が分解される。
そして、ヒスタミンができる。ヒスタミンが体内で反応する食中毒です。
※いわし・サンマなどでおきやすい

ポイント
現在、日本で多い食中毒の種類は「細菌性」「ウイルス性」がほとんどです。

中には、防げないケースもありますが、対策によっては防げるものがほとんどです。