食べ物とエネルギーと代謝の関係

エネルギーのイメージ

食物由来エネルギーの使われ方

  • 生命維持に必要な最低のエネルギー(基礎代謝量)
  • 活動に伴って増加するエネルギー(活動代謝量)
  • 摂取した食物の消化・吸収・代謝に必要なエネルギー(食事誘発性体熱産生)
  • 成長に伴うエネルギー(エネルギー蓄積量)
  • 胎児が消費するエネルギーや母乳産生に必要なエネルギー(付加量)

基礎代謝

基礎代謝とは、生命維持に必要な最低のエネルギー代謝のことです。
たとえ寝ていても、心臓を動かしたり、呼吸をしたりなど。
実は、この基礎代謝が全体のエネルギー代謝の70%を占めています。
さらに基礎代謝のうちの53.3%が筋肉で消費
ついで肝臓23.3%・脳13.3%・腎臓4%・心臓3.3%となります。

基礎代謝に影響を与える因子

では、人間の基礎代謝量は、みんな同じなのでしょうか?
とうぜん違います。

  • 体格・身長:基礎代謝は体の大きさに比例します。
  • 年齢:思春期が最も高く、加齢とともに低下します
  • 性別:男性よりも女性のほうが低い
  • 気温:夏が低く(筋肉が弛緩して低下)冬が高い(筋肉が緊張して亢進)
  • 内分泌機能:甲状腺ホルモンによって高まる
  • 身体の活動レベル:筋肉が多い人は高くなる

物理的燃焼値

三大栄養素の物理的燃焼値はボンベ熱量計で例えて計算した方式

  • 糖質4.1kcal/g
  • 脂質9.3kcal/g
  • タンパク質5.6kcal/g

生理的燃焼値

尿など排泄される分の栄養素も考慮

  • 糖質4kcal/g
  • 脂質9kcal/g
  • タンパク質4kcal/g