貧血の栄養療法

パスタ
貧血のうち、栄養不足で起こるのは主に2つです。

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血は、貧血の中で最も多く、女性の10%に見られます。
症状は疲労・倦怠感・動悸など
原因は、鉄の不足がありますが、妊娠・授乳期は、鉄欠乏しやすいです。
判別
蒼白・口内炎・眼瞼結膜貧血・さじ状爪などがあります。

巨赤芽球性貧血(ビタミンB12不足・葉酸不足)

慢性萎縮性胃炎に関連して生じる貧血を悪性貧血といいます。
巨赤芽球性貧血は、高齢者に多く、貧血だけでなく舌の痛み、消化器症状、下肢のしびれなどがあります。

貧血の栄養療法(鉄欠乏性貧血の場合)

鉄分の補給&すべての栄養素の補給
ダイエットは禁物です。
また、鉄分を補給しだして、体内の貯蔵鉄を戻すのには時間がかかるので、しばらくは栄養療法を続けましょう。
食事だけでの鉄分補給が困難ならばサプリメントでも可能です。

巨赤芽球性貧血の栄養療法

ビタミンB12もしくは、葉酸の補給