豆鼓エキスの副作用・注意点

豆板醤

豆鼓とうちエキスとは

豆鼓とうちは中国雲南省原産の黒豆に、塩を加えて発酵させたものです。
中華料理の調味料によくつかわれる「豆板醤とうばんじゃん」の原料です。

豆鼓とうちエキスの効果

豆鼓エキスには「豆鼓トリス」という成分が含まれています。
この豆鼓トリスが、血糖値の急上昇を抑えてくれます。
豆鼓トリスを含んだトクホも販売されています。
動物試験・ヒト臨床試験においてもヘモグロビンA1cの低下が認められています。
※ヘモグロビンA1cとは直近1~2ヶ月の血糖値の数値

注意喚起表示

トクホは、注意喚起表示が義務付けられています。
豆鼓エキスの場合、以下のように書かれています。

本品は治療薬ではありません。
たくさん摂取したからといって糖尿病が治るわけではありません。
また、糖尿病の治療中や疑いのある方は、あらかじめ医師などの専門家にご相談ください。
胃腸の手術をしたことがある人は、医師に相談してから召し上がってください。
薬との併用によって、まれに低血糖が起こることがありますが、その際はブドウ糖を摂取してください。

医薬品との相互作用

豆鼓エキスと医薬品との相互作用は、とくに報告されておりません。
ただ、低血糖が起こり得るので注意が必要です。

注意点

また、腸内細菌叢を変化させたり、軟便・下痢になる可能性があります。