血糖値のメカニズム

採血イメージ
血糖値とは、成人病の原因になることから、悪者扱いされがちです。
しかし、人間の脳や、各細胞に必要な栄養素です。
ちなみに血糖値が、常に70~110mg/dlに保たれるのは、赤血球は血糖を唯一のエネルギーとしているからです。
赤血球が動かなかったら、酸素運搬ができないので、死に至ることになります。

どうやって、血糖値を調節している?

血糖値は、正常だと常に70~110mg/dlに保たれています。
では、これはどうやって調節しているのでしょうか。
それは、体内のホルモンによってです。
血糖値が高くなりすぎたら、インスリンというホルモンで下げます。
血糖値が低くなりすぎたらインスリン拮抗ホルモン(グルカゴン・アドレナリン・グルココルチコイド・成長ホルモン)によって、血糖値をあげます。
では、血糖値の上昇・低下について、もう少し具体的に説明しておきましょう。

血糖調節に関わる主な臓器

ホルモン名分泌器官作用のしくみ
グルカゴン膵臓(α細胞)肝グリコーゲン分解促進
糖新生増加
グルココルチコイド副腎皮質糖新生増加
アドレナリン副腎皮質血糖増加・糖新生増加
成長ホルモン下垂体前葉グルコースの利用を抑制する遊離脂肪酸の産生促進

血糖調節に関わるホルモン

血糖上昇ホルモン

インスリン膵臓(ベータ細胞)インスリンは24時間一定量行われている基礎分泌がある
血中のグルコースへの取り込み促進
肝臓・筋肉でのグリコーゲン合成促進
脂肪組織での、トリアシルグリセロールの合成促進
糖新生抑制
ケトン体合成抑制
肝臓・筋肉でのタンパク質合成促進
コレステロール合成低下

血糖低下ホルモン

タンパク質の種類主な機能具体名
収縮タンパク質筋肉の収縮
細胞の運動
アクチン
ミオシン
酵素タンパク質生体内触媒アミラーゼ
乳酸脱水素酵素
AST
ALT
構造タンパク質結合組織コラーゲン
エラスチン
ケラチン
防御タンパク質
免疫免疫グロブリン(抗体)
フィブリン
インターフェロン
輸送タンパク質生体内物質輸送ヘモグロビン
リポタンパク
調節タンパク質代謝調節ペプチドホルモン
インスリン