臨床検査の種類

グリーンスムージーの粉末
病気を診断する際に臨床検査は、重要です。
臨床検査の最初の流れは、以下

問診

患者の主訴・起始・経過・既往歴・家族歴などを聞く

視診

顔色・栄養状態・貧血・横断

触診

直接患者の体に触れて、内蔵の状態・圧痛をみる

打診

小さなハンマーや指で、胸水・腹水などを調べる

聴診

聴診器に寄って、心臓、肺の状態を調べる

これらの診察結果を統合して、検査内容を決定します。

スクリーニング検査の種類

外来の初診や、健康診断などで行う総括的な検査をスクリーニング検査と言います。
一般て、尿検査・血液検査・心電図・レントゲン検査など短時間で済むもの。

尿検査

色調・混濁・Ph・比重・タンパク質・糖・ウロビリノーゲン・潜血・沈渣

血液検査

赤血球・白血球・血小板・ヘマトクリット・ヘモグロビン・

糞便検査

潜血・寄生虫卵

生化学検査

総蛋白・AST・ALT・ALP・γーGT・尿素窒素・尿酸・クレアチニン・中性脂肪・総コレステロール

免疫検査

HBs抗原・HBs抗体・CRP

臨床検査の種類

生体検査
心電図・心音図
スパイログラフ
脳派・筋電図
超音波検査
検体検査
臨床化学検査
遺伝子検査
病理組織細胞検査
など

臨床検査の基準値
基準値とは、病的ない値です。
その算出方法は、臨床的検査額的に異常を示さない人(健常人)を多く集めて、統計学的に集計して、中央95%を含む数値範囲が基準範囲です。
基準値の設定では、採血条件・人種・性別・生活習慣などの変動因子を考慮する必要があります。