腸内細菌の「善玉菌・悪玉菌」の働き

ヨーグルト
腸内細菌には、善玉菌・悪玉菌とに別れます。
(日和見菌といって、優勢のほうに味方する菌もいます)
では、それぞれの働きを表にまとめました。

臓器血糖低下時血糖上昇時
肝臓グリコーゲンの分解と糖新生によって生じたグルコースを使い、血糖を上げるグルコースをグリコーゲンとして貯蔵する
骨格筋筋肉収縮によって生じた乳酸や、タンパク質分解によって生じたアラニンは、肝臓の糖新生によって、グルコースを作る血中のグルコースを取り込んで筋グリコーゲンに変換する
脂肪組織蓄積されていたトリアシルグリセロールが、グリセロールと脂肪酸に分解。このときに、生じたグリセロールは、肝臓で糖新生によってグルコースになる。
また、脂肪酸によって生じたケトン体は、脳・腎臓などでエネルギーとなる。
血中のグルコースは脂肪組織に取り込まれる。(トリアシルグリセロールとなる)

腸内細菌のまとめ

  • 成人の腸には約100兆個の腸内細菌が存在している
  • 大腸内容物の半分ほどが、腸内細菌もしくは、その死骸と言われています
  • 腸内細菌の種類は1000種類以上と言われています。
  • 生まれたばかりの赤ちゃんには、腸内細菌は存在しない。
  • 老化するにともない、善玉菌が減り悪玉菌が増える傾向にある
  • 善玉菌そのものと取り入れる行為をプロバイオティクスという
  • 善玉菌が活性化する、食事をプレバイオティクスという