腎・泌尿器疾患の検査

サラダ
腎泌尿器疾患は、無症状の場合が多いです。
ただし、腎結石・ネフローゼをのぞく。
尿の中には、蛋白成分・核酸代謝成分・電解質・ビタミン・ホルモン・酵素などを含みます。
その量を計測することにより、腎泌尿器疾患だけでなく、循環器・内分泌・代謝系などの多くの臓器の状態を知ることができます。

腎泌尿器疾患に関連する検査

  • 尿検査
  • 腎機能検査
  • 画像検査

尿検査

尿を採取して、成分を調べます。
尿中にタンパク質・微リルg便・血液・糖分・ケトン体・白血球などがないかを調べます。

腎機能検査

水を飲んで、さらに薬剤を注射します。
15分~120分後に、尿の成分を調べます。
これによって、腎臓がしっかり働いているかがわかります。

画像検査

超音波・CT・アイソトープ検査
画像にて、腫瘍がないかなどを調べます。