胃炎(急性・慢性)の栄養療法

野菜スムージ

急性胃炎

科学的刺激・細菌、毒素による刺激によって起こる胃粘膜のびまん性病変です。
胃粘膜に発赤、浮腫、びらんが見られます。
多くの原因は、

  • 薬剤(ステロイドホルモン、抗生物質、抗悪性腫瘍薬、血糖下降薬)
  • ストレス
  • アルコールの飲み過ぎ
  • アニサキス
  • ヘリコバクターピロリ菌の感染

などなどがあります。
感染性胃炎の場合は、高熱や全身症状を伴う

慢性胃炎

胃粘膜の慢性的な炎症性細胞浸潤と胃腺の萎縮をきたします。
症状は腹痛・悪心・嘔吐・胸焼け・腹部膨満感・ゲップなど不定愁訴が主です。

栄養療法

  • 原則としては、胃の安静
  • エネルギー30~35kcal/kg
  • タンパク質1.0~1.2g/kg
  • 慢性胃炎
  • 胃酸が分泌過剰の場合は、物理的・科学的・温熱的刺激を控える。
  • 柔らかい食品
  • 繊維が多いのは控える
  • 香辛料・塩見・酸味が強いのは控える

一方で、胃酸分泌低下(萎縮性胃炎)によるものは、高繊維の食品や脂肪食を避けて、一度の食事量を少なくします。
その代わり、食事回数を増やします。