胃内容物排泄速度(GER)と医薬品の吸収について

薬
胃から十二指腸に食べ物が送られる速度を「胃内容物排泄速度(GER)」といいます。
このGERは、食べ物の成分によって、大きく影響を受けると言われています。

  • 冷たい食べ物→移動が遅い
  • 脂っこい食べ物→移動が遅い
  • 咀嚼が不十分→移動が遅い
また、移動時間(GER)が遅いと、吸収時間が遅くなるとも言われています。

では、移動時間(GER)が遅いと何が問題なの?

最も大きなデメリットは、薬の効果が遅くなることです。

たとえば、以下の薬などです。

  • 睡眠薬
  • 解熱鎮痛薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • 抗菌薬

服用例をしっかり見よう!

薬の効果を遅くさせないためにも、用法がしっかりと定められているのです。

知っておきたい医薬品の吸収のポイント

  • 服用は白湯が望ましい
  • 食前の服用は食後の服用に比べ、吸収性は良好です
  • 吸収部位の限定された医薬品は、GERの遅くなる条件では、吸収は増大
  • 脂溶性の医薬品脂質に富んだ食品の摂取によって、吸収性が増大