肝疾患の検査

フォークとお皿

肝疾患の原因

肝炎ウイルス・アルコール・肥満・薬剤
肝炎ウイルスは、急性肝炎→慢性肝炎→肝硬変へ進行した場合、肝がんに移行する可能性がある
アルコールが原因の場合は、アルコール性脂肪肝→アルコール性肝障害→肝がんへ
肥満・糖尿病は脂肪肝へ
薬剤は、薬剤性肝障害へ

肝臓の主な検査

  • 血液検査
  • ウイルスマーカー検査
  • 肝生検
  • 超音波検査

肝疾患の診断に利用される検査

肝臓の壊死を反映する検査

  • AST・ALT(トランスフェラーゼ)
  • LD(乳酸脱水素酵素)
  • 直接ビリルビン

肝臓の合成の障害を反映する検査

アルブミン・コリンエステラーゼ・凝固因子

線維化の程度を反映する検査

  • ヒアルロン酸
  • 血小板数

胆汁うっ滞を反映する検査

アルカリホスファターゼ(ALP)