肝炎の栄養療法

ゆず

急性肝炎

急性肝炎は、食欲不振・嘔吐・悪心・横断・全身倦怠感などの症状があります。
急性肝炎の原因は、ウイルスが多いです。
A型肝炎40%
B型肝炎25%
C型肝炎10%

慢性肝炎

慢性肝炎とは、肝機能検査地の異常が6ヶ月以上継続している状態です。
慢性肝炎の薬80%がC型ウイルスとなっています。
急性期から行こうするものが多いです。

肝炎の栄養療法

  • 適正エネルギー&適正タンパク質
  • エネルギー30~35kcal/kg
  • タンパク質1.0~1.2g/kg
  • 脂質20~30g

昔は、肝炎では高エネルギー・高タンパクが当たり前でしたが、現在では、肝炎患者は、過栄養になることが多いのです。
そのために、適正エネルギー量&バランスの取れた食事が推奨されています。