病院で行われる検査一覧

マスカット

一般検診検査

  • BMI
  • 体脂肪率
  • 血圧
  • 視力検査
  • 眼圧検査
  • 眼底検査
  • 聴力検査
  • 骨密度検査

尿検査

尿中の成分を調べる

抹消血液検査

赤血球:酸素を運搬する成分
白血球:感染症の場合に増加
血小板:止血に関与する成分

末梢血血液像

血液を顕微鏡で観察
白血病の診断に用いる

血液凝固・線溶

血液が固まるかどうかを調べる検査

生化学検査

  • 総タンパク:栄養状態・タンパク合成能の指標
  • アルブミン:健康・栄養状態の指標
  • 総コレステロール:脂質代謝異常の指標
  • 悪玉コレステロール(LDL):脂質代謝異常・動脈硬化の危険因子
  • 善玉コレステロール(HDL):脂質代謝異常・動脈硬化の負の危険因子
  • 中性脂肪(TG):脂質代謝異常
  • AST:肝臓・心臓・骨格筋疾患の指標
  • ALT:肝機能障害
  • LD:肝臓・心臓・骨格筋疾患の指標
  • ALP:肝臓・骨疾患の指標
  • γ-GTP:肝機能障害の指標・飲酒マーカー
  • クレアチンキナーゼ(CK):骨格筋・心臓疾患
  • アミラーゼ:急性膵炎・耳下腺炎
  • CHE:肝機能障害・有機リン中毒で定値
  • 総ビリルビン:肝細胞障害・胆汁うっ滞・黄疸
  • 直接ビリルビン:肝細胞障害・胆汁うっ滞・黄疸
  • 間接ビリルビン:溶血性貧血で上昇
  • 血糖(グルコース):糖質代謝異常・糖尿病
  • hba1c:1~2ヶ月の平均血糖値
  • 尿素窒素:腎機能・蛋白異化摂取
  • 尿酸:腎機能・プリンヌクレオチド代謝異常・痛風
  • クレアチニン:腎機能障害
  • ナトリウム:尿中へのナトリウムと塩素の排泄量は、健常人だと塩化ナトリウムの摂取量にほぼ等しい。
  • カリウム
  • クロール:ナトリウムと並行して変動
  • カルシウム
  • 無機リン:りん代謝異常
  • 血清鉄:鉄代謝異常
  • フェリチン:貯蔵鉄と相関

糖代謝

糖負荷試験によって、糖分が代謝されているかをみる

脂質代謝

脂質が代謝されているかをみる
タンパク質・窒素化合物
血液検査で調べる

酵素

酵素の状態で、体の異常を把握
血液検査で調べる

肝機能検査

腎機能検査

電解質・酸塩基平衡

腫瘍関連検査

画像診断で、腫瘍があるかどうかを調べる
MRI・CT・超音波・PETなど

腫瘍マーカー

ガンになると、臓器の部位によって特定の成分が血液内に出現する。
それによって、ガンの位置をある程度特定できる。

免疫

免疫システムが働いているかどうか。
炎症を起こしているかどうかを見る。

生理機能検査

循環機能・呼吸機能・神経、筋機能・をみる
心電図・スパイロメトリー・脳波検査・筋電図・超音波などがある。