生産体制における食品の危険性

製造工場
昔は、でとれた作物を直接食すなどして、食品を摂取しているところがほとんどでした。
ところが現在、食品は人為的に管理されている場合がほとんどです。

つまり、人間が生産ラインを支配しているといっても過言ではないでしょう。
(ほとんどの食品が何らかの形で人為的に管理された生産ラインを介している)

ほぼすべての食品人為的な管理・監視下に置かれていることは、一見安全のように見えて、実は、自然界では起こり得なかった有害事象を発生させる可能性があるのです。

それがこちら↓

  • 成分の変質
  • 不純物・有害物質の混入
  • 特定成分の濃縮による栄養特性の変化
  • 過剰摂取になりやすい形状

これらを防ぐ管理機構が必要

HACCP

リスク管理に主眼をおいた管理方式

ISO

安全性の確保を前提として、顧客重視の束から、高品質の製品を作り出すための品質管理・品質保証の国際規格

GMP

原材料の入手から最終製品の出荷に至るまで一貫した製造・品質管理システム