生活習慣病と遺伝子について

遺伝子イメージ

最近、生活習慣病にかかる現代人が多くなってきました。
たとえば糖尿病が代表的です。
糖尿病といえば、遺伝的疾患として有名ですが、では、果たして、生活習慣病と遺伝しは関係があるのでしょうか。

実は、「食生活・運動習慣・休養・喫煙・飲酒」などの生活習慣が、病気の発症進行に関与すると定義されている生活習慣病には、遺伝因子が関わります。
しかし、それは1つの遺伝子の変異により生じるものではなくて、複数の遺伝子の複数の変異ということです。
つまり、多くの蛋白質でおこった微妙な変化に対して、環境因子(食事・運動・ストレスなど)が複雑に絡み合って発症する多因子疾患なのです。

生活習慣病との関連が示されている遺伝子型

分類栄養素
エネルギーエネルギー
タンパク質タンパク質
脂質脂質
飽和脂肪酸
n-6系脂肪酸
n-3系脂肪酸
コレステロール
炭水化物炭水化物
食物繊維
脂溶性ビタミンビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
水溶性ビタミンビタミンB1.2.6.12
ナイアシン
葉酸
パントテン酸
ビオチン
ビタミンC
多量ミネラル
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
微量ミネラル
亜鉛

マンガン
ヨウ素
セレン
クロム
モリブデン

遺伝子と関係がある栄養素

亜鉛

遺伝子の転写を調節するホルモンには、亜鉛が必要です。
(Znフィンガーと呼ばれる構造がある)

コレステロール

コレステロールは、コレステロール合成の酵素であるHMG-CoA合成酵素の遺伝子発現を調節するのに必要

ビタミンA・ビタミンD

ビタミンAとビタミンDはそれぞれの核内受容体に結合して、それぞれのホルモン応答配列を持つ遺伝子の転写を調節する