潰瘍性大腸炎の栄養療法

サラダ

  • 潰瘍性大腸炎の場合、炎症は大腸に限局
  • 細菌では、薬物療法が効果的とされている
  • 薬物療法では、抗炎症と免疫抑制剤がメイン
  • 若年成人や中高年にも発症
  • 腹痛や粘結下痢便があり

潰瘍性大腸炎の栄養療法

  • 胃腸を休めること・下痢の軽減を目的とする
  • エネルギー35~40kcal/kg
  • タンパク質1.2~1.5g/kg
  • 脂質40g以下
  • ビタミン・ミネラルはできるだけ多めに
  • 激しい炎症症状がある場合は、絶食、静脈栄養法で経過観察
  • 症状が治まるにつれ経腸栄養法へ行こう
  • 良くなれば、経口摂取へ
  • 脱水にならないように水分補給に努める