消化性潰瘍の栄養療法

甘酒
消化性潰瘍とは、防御因子の低下、もしくは酸・ペプシンのような攻撃因子の増強に寄って、胃や十二指腸の粘膜が破損した状態
消化性潰瘍の原因として、ヘリコバクターピロリ菌は、十二指腸潰瘍で95%胃潰瘍で75%とされています。
その他にも、ストレス・暴飲暴食・不規則な食事・アルコール・喫煙・コーヒーなどがあります。

症状は心窩部痛・悪心・腹部膨満感・吐血・タール便・鉄欠乏性貧血などがあります。

消化性潰瘍の栄養療法

  • 原則として、胃腸を休めること
  • 吐血した場合は絶食(静脈栄養法を推奨)
  • 症状が安定したら経口摂取を開始
  • 流動食からじょじょに様子を見る。
  • 胃酸分泌を抑えるために低刺激の食事が望ましい。