栄養機能食品はどのように選ばれたのか?

サプリと水
栄養機能食品は、医学的に根拠が確立している成分を含んでいます。
栄養機能食品には、12種類のビタミン5種類のミネラルのみが認められています。
この17種類については、簡単に効果が覆されるものではないと、言われています。(それほど信頼されている)

すべてのビタミン・ミネラルが栄養機能食品に選ばれたわけではない

栄養機能食品に、分類されるためには、以下の3つの条件をクリアしていることが前提です。

  1. 医学的に根拠がしっかりしていること。
  2. 身体の健全な成長・発達・健康維持に必要なこと。
  3. 不足すると欠乏症になる可能性があること

意外にも、栄養機能食品の分類から外された8つ

まず3つ

栄養機能食品の分類から外されたものに「ビタミンK・カリウム・リン」があります。
実はこの3つは、国民栄養調査の結果、不足していないことがわかったからです。
なので、栄養機能食品として対象から外されたというわけです。
残り5つ
ヨウ素・マンガン・セレン・クロム・モリブデンの5つのミネラルについては、
摂取量等の調査が行われていないという理由から、栄養機能食品の対象から外されました。