更年期障害と栄養療法

納豆

更年期障害とは

女性が45歳をすぎると、エストロゲンというホルモンの減少により、不定愁訴が見られます。
これが、治療が必要なほどになると更年期障害となります。
ホルモンの減少以外にも、原因があるとされています。

  • ストレス
  • 環境
  • 個人の性格

などです。

更年期障害の症状

  • 頭痛
  • ほてり
  • のぼせ
  • めまい
  • 不眠
  • 憂鬱
  • 興奮
  • いらいら
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 冷え
  • 食欲不振
  • 骨粗鬆症
  • 脂質異常症

更年期障害の栄養療法

  • 生活習慣の安定
  • 骨粗鬆症の予防・動脈硬化の予防
  • 食事は、バランスがとれた一般的な食事

得には、大豆・大豆製品・野菜・果物・階層に含まれるエストロゲン様物質、ポリフェノールなどが症状の改善に有効とされています。