景品表示法とは

書類

「商品及び薬務の取引に関連する不当な景品類および表示による顧客の誘引を防止することによって、一般消費者の利益を保護することを目的」としています。
つまり「景品類の制限および禁止、不当表示の禁止」を規定しています。

例えば、短期間に激ヤセのような虚偽・誇大広告や、実際には提供していない景品を表示して消費者を誘引することは違反行為となります。

景品表示法では、不当表示を禁止しています。
不当表示とは「一般消費者に誤認されることによって不当に顧客を誘引し、公正な競争を阻害するおそれがあると認められる表示」のこと。

表示とは

  • 商品、容器、包装による広告
  • チラシ、パンフレット、説明書面等による広告
  • ポスター、看板等の広告
  • 新聞、雑誌、その他の出版物、包装、映写、演劇などによる表示
  • インターネットによる広告