小麦アルブミンの副作用と注意点

小麦

小麦アルブミンの効果

アミラーゼ活性阻害は、デンプンの休息な分解を抑制するので、腸が糖分を吸収するのが緩やかになる。
よって、血糖値の急上昇を抑制する効果があると言われています。
動物試験・ヒト臨床試験において、血糖値の改善作用が認められています。
実際に、小麦アルブミンを使用したトクホも販売されています。

注意喚起表示

トクホは、注意喚起表示が義務付けられています。
小麦アルブミンは、以下のような注意喚起表示がされています。
本品は食品ですので、病気が治るものではありません。
血糖値が気になり始めた方の食生活を改善する食品としてご利用ください。
なお、現に糖尿病の治療を受けておられる方や、血糖値に異常を指摘された方は予め医師などの専門家にご相談の上ご使用ください。

医薬品との相互作用

小麦アルブミンと医薬品との相互作用は、とくに報告されていないようです。
しかし、血糖値を緩やかにする作用があるので、低血糖には注意するようにしてください。

注意点(副作用)

腸内にオリゴ糖を蓄積させるので、腸内細菌叢が変化したり、糖自身の作用で軟便・下痢が起こる場合もあります。