小腸の吸収の過程

小腸イラスト
小腸から吸収された栄養素は、小腸上皮細胞を通過して、血管・リンパ管へ移動します。(この過程を吸収と呼ぶ)
水に溶ける栄養素(水溶性)は、そのまま吸収されて毛細血管に入ります。
水に溶けない栄養素(脂溶性)は、胆汁酸などにより、乳化されてリポタンパク質となり、リンパ管に移動します。

栄養素の吸収部位

各栄養素は、胃腸によって吸収部位が違います。
詳しくは、表を参考に。

善玉菌悪玉菌
病原菌の感染を防ぐ
悪玉菌の増殖を抑制
有害物質の産生を抑制
ビタミンB郡・Kの合成
免疫力を高める
消化吸収を助ける
食物繊維の分解
発がん性物質の不活化
有害物質をつくり腐敗させる
免疫力を低下させる
発がん物質の生成
町の蠕動運動の抑制(便秘)

小腸の構造

小腸は、「ひだ」がたくさんついた構造になっています。
さらにその「ひだ」には、絨毛と呼ばれる高さ1mmの突起がついています。
さらに、絨毛には「微絨毛」と呼ばれる1μmの突起がついています。
この、絨毛をすべて広げると「テニスコートくらいの面積」(約200㎡)になると言われています。

小腸の吸収機構

小腸の絨毛と呼ばれる部分から、栄養は吸収されます。
細かく4つの吸収があります。

単純拡散

濃度の高い方から低い方へ、エネルギーを必要としない吸収(脂質・ビタミンB6)(受動輸送)

促進拡散

受動輸送のうち、輸送単体を利用する場合を呼びます。
単純拡散よりも、吸収が早いです。(ビタミンB1)

能動輸送

濃度の低い方から高い方へエネルギーを必要とする輸送。(グルコース・アミノ酸・ビタミンB2)

飲作用

細胞膜が、物質を取り囲んで小胞を形成して取り込む方法(ビタミンB12)

吸収後はどこに行くのか

吸収された栄養素は、「水溶性か脂溶性」によって、2箇所へ行くことになります。

門脈系(水溶性物質)

水溶性物質(グルコース・アミノ酸・水溶性ビタミン・ミネラル・短鎖、中鎖脂肪酸)は、毛細血管を通って、肝臓に到達します。
肝臓での代謝を経て心臓へ戻り、全身に運ばれます。

リンパ管係(脂溶性物質)

脂溶性物質(脂肪・長鎖脂肪酸・コレステロール・脂溶性ビタミン)リンパ管に入り、胸管を経て、血液循環によって全身に運ばれます。