小腸での消化の仕組み「膵液・胆汁」

人体模型

  • 胃から繋がっているのが小腸(十二指腸)です。
  • 十二指腸には、胆汁が流れる総胆管と、膵液が流れる膵管が合流します。
  • その合流部を十二指腸乳頭(ファーター乳頭)と呼びます。
  • 胃液で溶かされた、食べ物は両腋が混ざります。
  • 続いて空腸→回腸と移動する間に、「管腔内消化」および「膜消化」によって、吸収可能な大きさにまで分解されます。

膜消化

胃から送られた消化物の低分子糖質・ジペプチドなどは、小腸粘膜微絨毛細胞上しょうちょうねんまくびじゅうもうさいぼうで終末消化を受ける(単糖・アミノ酸まで分解)
小腸粘膜微絨毛細胞では、栄養素の吸収も同時に行われます。

管腔内消化

管腔内消化は主に、膵液が担っています。

膵液の働き

  1. 膵液は1日1ℓ~3ℓ分泌されます。
  2. 三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)に対する、消化酵素をすべて含んでいます。
  3. 膵液は大量の重炭酸イオンを含む弱アルカリ性の液体です。なので、胃酸(ph1~2)から膵液に適した状態(ph7.5~8)に変えます。

胆汁の働き

  1. 胆汁は、肝臓で作られます。
  2. 胆嚢で濃縮&貯蔵されます。
  3. 胆汁には、「胆汁酸塩・胆汁色素・コレステロール」が含まれます
  4. 腸管に分泌された胆汁酸塩の80%以上は、回腸で吸収されて再び、肝臓に戻り再利用されます(腸肝循環)
  5. 胆汁酸塩は「グリシンまたはタウリン」と複合体を形成して存在以下の働きをします。
  • 強い界面活性作用を持ち、脂溶性物質を乳化して消化しやすくする
  • 脂肪酸とミセルを形成して、吸収しやすくする
  • 脂溶性ビタミンの吸収を促進する