嚥下障害患者の栄養療法

ビュッヘ

嚥下障害とは

嚥下障害とは、様々な原因に寄って食べ物の咀嚼・飲み込みができない(できにくい)状態です。
また、誤嚥してしまいます。

原因

  • 脳卒中後遺症
  • 脳損傷
  • 脳性麻痺
  • 認知症
  • パーキンソン病
  • 多発性硬化症

症状

飲み込めないだけでなく、むせ・咳き込み・誤嚥(器官に食べ物が入る)
誤嚥によっては誤嚥性肺炎を起こすことがあります。
嚥下障害はリハビリに寄って、改善が可能

嚥下障害の栄養療法

  • 嚥下障害の状態に合わせた段階食が必要
  • 嚥下開始から、段階を経て介護職程度の内容まで以降していくものを嚥下食と言います。
  • サラサラの液体状だと、誤嚥しやすい
  • 個体だと、食品が食塊にまとまらずに誤嚥しやすい
  • なので、嚥下食は、なめらかかつ流動的が望ましい。
  • それにはゼラチンが最適です。
  • ゼラチンは無味無臭なのでスープをペーストやゼリーにすることも可能です。
  • 徐々に、柔らかい普通の食事に戻していきます。