医薬品の「薬効表示」と健康食品の「保健用途表示」の違い

薬を飲む
医薬品と健康食品は、時に見分けがつかないものがあります。
なぜなら、健康食品の中には、見た目が錠剤のようであったり、また、健康的な効果が書かれているものがあるからです。

医薬品と健康食品の区別をはっきりするために、厚生省薬務局通知により「無承認無許可医薬品の指導取締について」というものが出されているので、概要を紹介しておきます。
医薬品と健康食品を見分けるための、参考にしてください。

医薬品的な効果の表示は以下の通り

  • 病気の治療・予防を目的とする効果(糖尿病・ガンがよくなる・便秘が治るなど)
  • 身体の組織機能の増強を目的とする効果(疲労回復・食欲増進)
  • 医薬品的な効果の暗示(延命、不老長寿など)

※基本的に、食品が病気に有効であると表記することは、薬事法に触れる。

形状の解釈について

錠剤・丸材・カプセルであっても「食品」の表示があれば、医薬品と判断しない。

用法用量の表示

服用時期・服用間隔・服用量などの記載がある場合は、医薬品の用法用量とみなす。
健康食品の場合でも、必要があれば用法用量の目安を表示すべきとしています。
食前・食間・食後という表示は、医薬品のみ

食薬区分について

食品と医薬品の具体的な区別がつきにくいものも、中には存在します。
例としては、ショウガが挙げられます。
ショウガは、食品ですが、時に薬効作用があるとして、漢方薬に用いられています。

このように、区別の難しいものを厚生労働省は「食薬区分しょくやくくぶん」という分類を提示しています。
例えば、杜仲茶に使用される植物の杜仲は、樹皮の部分は薬に分類されており、葉は食品として分類されています。
※この食薬区分の植物は、カタカナ表記が多く、学名がするされてないので、あいまいな問題点を多く抱えている。