免疫について

ブロッコリースプラウト
免疫とは、人間の防御機構です。
自然免疫と獲得免疫があります。

自然免疫

もともと体内に備えられた防御作用
マクロファージ
好中球
補体

獲得免疫

細胞性免疫・体液性免疫がある

細胞性免疫

キラーT細胞

体液性免疫

B細胞

流れ

感染がある
マクロファージなどの高原刑事細胞からT細胞へ掲示をする
キラーT細胞が活性化・B細胞が抗体産生細胞に
抗体産生(B)は、免疫グロブリンであるIgM&IgGを産生
IgM 貪食作用アップ
IgG 中和作用アップ
これらを記憶することにより、2回目以降はスムーズこれを獲得免疫という

体液性免疫

体液性免疫に関与するのは、B細胞と免疫グロブリン
B細胞は、抗体産生や抗原提示を行う
IgA 粘膜の免疫担当
IgG 中和する能力・白血球の食細胞を助ける・血中の含有量が一番多い
IgM 初期免疫を担当
IgD よくわかっていない
IgE I型アレルギーに関与

細胞性免疫

生きた細胞に反応する
マクロファージの貪食
T細胞による反応

免疫担当細胞

免疫に関与する細胞は抗原提示細胞・リンパ球・顆粒球に大別される

補体

補体とは、外来異物を血液や組織から除去するために作用する蛋白軍の総称。