健康食品(サプリ)の過大評価に注意!

サプリメント
現在出回っている健康食品(サプリ)には、さまざまな健康効果が知られています。
しかし、みなさん注意してください!
なぜなら、実際はウソの体験談を使用したり、動物実験でしか行われていないというお粗末な実態もあるのです!

ウソだけならまだしも、ときに、健康被害に影響を及ぼすなど、我々、一般市民に大きな被害を与えているのが現実なのです!

フードファディズムという言葉を知っていますか?

食品機能(健康食品)の過大評価については、フードファディズムという定義があります。
つまりフードファディズムとは、「食物や栄養素が健康や病気に及ばす影響を過大評価すること」と言われています。
もう少しわかりやすく言うと
「◯◯を食べることによってガンが治った」
「アトピーが◯◯で治った」

という情報が氾濫しているのです。
しかし、その効果があるという効果は、数人の体験談・動物実験の効果のみで、科学的に的確な裏付けがないのがほとんどです。

実例を1つ上げましょう。

平成17年に「アガリスクが、ガンに効果がある」と話題になりました。
値段も効果でしたが、よく売れていました。
しかし、これらの体験談はウソで、マスコミに取り上げられるなど事件に発展しました。
また、アガリスクだけでなく、他にもたくさんのケースがあるのが事実です。
みなさんも、安易に健康食品を信じ過ぎないように注意しましょう。

人の口コミは、信じられやすい

このようなフードファディズムを起こしてしまう原因として、口コミがあります。
例えば、ご近所の奥さんが言っていた、、、という口コミが、時にものすごい説得力を持ち、相手を信じさせてしまう場合があるのです。
健康についての知識がない、ただの奥さんでも「実際に効果があった」と、聞かされると、みんなに効果があるような錯覚に陥ってしまうもの。
これらには、十分気をつけるようにしてください!

健康食品(サプリ)とどのように付き合うか?

・口コミを過度に信じ過ぎるのはやめましょう。
・あまりにも高価過ぎる商品に手を出すのは、十分に注意しましょう。
・数ヶ月、続けてみて効果を感じられないのなら、やめたほうが懸命でしょう。
・お薬と併用する場合は、事前に医師・薬剤師と相談しましょう。