健康食品管理士になるには?

健康食品管理士になるためには、健康食品管理士認定試験に合格する必要があります。
※講座は通信教育です。

しかし、ここで注意があります。

健康食品管理士になるにはチャート
健康食品管理士認定試験を受ける前に、3つのグループにわけられます。
その3つのグループが以下のABCです!

注意
A・・・一般(資格なし)
B・・・資格あり(栄養士など)
C・・・資格あり(医師など)

この3つをさらに詳しく解説↓

A・・・一般(資格なし)

  1. B・Cに該当する資格を持っていない(学生でない)
  2. 健康食品管理士になるためには、【2回の通信教育&2回の試験】が必要

B・・・資格あり(栄養士など)

  1. 薬剤師(4年制)・臨床検査技師・管理栄養士・栄養士・保健師・看護師・鍼灸師・理学療法士・作業療法士
  2. 上記資格者以外で食品衛生監視員になれる者
  3. 上記の資格養成校の学生(認定校となっていない場合)
  4. 大学卒で日本食品安全協会の資格審査より受講が認められた方
  5. 薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、保健師、看護師、鍼灸師、理学療法士、作業療法士の養成校 又は食品衛生監視員になれる養成機関で3年以上の学生
  6. ※Bの人は、【1回の通信教育と、1回の本試験】が必要です。

C・・・資格あり(医師など)

  1. 医師、獣医師、歯科医師、薬剤師(6年制)
  2. 薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士、栄養士、保健師、看護師、鍼灸師、理学療法士、作業療法士の有資格者で修士以上の学位取得者
  3. 大学院終了者で協会の資格審査により受験が認められた方
  4. ※Cの人は、いきなり本試験に挑戦できます。

認定試験(本試験)について

試験内容

択一式の学科試験(100問)

試験科目
(1)健康食品総論(2)健康食品各論(3)食品と栄養(4)食品表示・食品の安全性(5)疾患と栄養(6)医薬品と食品の相互作用(7)関係法規(8)疾患と病態解析
※資格者による科目免除はなし

通信教育はどんなの?

  1. 教科書と問題が送られてきます。
  2. 教科書を自分で読んで理解を深めます。
  3. 問題を自分で解きます。(複数枚ある)
  4. 郵送もしくは、FAXにて問題を送り添削してもらいます。
  5. 各8割以上なら、通信教育は修了できます。
  6. およそ、半年間を目安に設定されています。

詳しい内容は、【健康食品管理士養成講座】受講開始から合格までの流れを御覧ください。
健康食品管理士の教材一覧「健康食品管理士」養成講座の内容

通信教育を受けるためには?

日本食品安全協会指定養成機関に、申込みをします。
指定された養成機関の名は、株式会社エコロジーヘルスラボと言います。
そこに、申込みをしてください。
日本食品安全協会指定養成機関の公式HPはこちら