健康食品の品質管理は、GMPが必要とされている

品質管理
なぜ、健康食品の品質管理に、GMPが必要だと言われたのか、、、
厚生労働省は、次のように見解を述べています。
健康食品は、錠剤・カプセルなどの形状をとることが多いです。

そうすると、どうしても過剰摂取の危険性が高くなります。
また、製造過程において、存在している可能性のある微量有毒物質が、濃縮されてしまい、人間の体内に危害を加える可能性もあるからです。

そうならないためには、含有成分の均質化が重要となってきます。
そのために、錠剤・カプセルなどの健康食品が、安全性レベルの品質を保証するためには、適切な製造工程管理(GMP)による品質の確保が必要と述べています。

GMPが優れている点

  • 製造管理:作業員・機会・操作手順など、製造行為に着目した管理
  • 品質管理:原材料・中間製品・最終製品の試験・品質の確認行為に着目した管理
  • 各製造工程における人為的な誤りの防止
  • 人為的な誤り以外の要因による製品そのものの汚染および品質低下の防止
  • 全製造工程を通じた一定の品質の確保

輸入品について

厚生労働省では、輸入品についても、国内製品と同等の品質を確保できるようにGMPを推奨しています。