世界初のサプリメントのための法律

サプリを持つ手
今では、日本国内でも当たり前のように販売されているサプリメント。
しかし、サプリメントの歴史は、実はアメリカが舞台でした。

アメリカで最初のサプリメントの法律が発足

1994年10月に、世界で初めてのサプリメントのための法律が、アメリカで発足
その名前はDSHEA(Dietary Supplement Health and Education Act)「ダイエタリーサプリメント健康教育方」と言います。

どんな法律なの?

この法律(DSHEA)では、生薬などのハーブ(抽出物)をビタミン・ミネラルと並んで、サプリメントの成分の1つとして位置づけました。
また、その成分の機能性表示(効果の表示)も可能にしたのです。
サプリメント自体は、あくまでも食品という位置づけです。
なので、サプリメントは、日常の食生活に足りないものを補うためのものという認識が今でも変わらず、もたれています。

その結果、サプリメントは注目を浴びていろんな種類のサプリメントが市場に並びました。
予想を上回った、流通・需要の大きさは、当時の日本にも衝撃を与えるものでした。

その後、EU(欧州連合)やアジア各国でも、サプリメント法が成立されたという歴史があります。
※もちろん、サプリメントの安全性や、効果が証明されていることが大前提です。