下痢の栄養療法

豆腐
下痢は、便が80%以上の水分を含んでいる状態です。
急性期と慢性期があります。

下痢の原因として

  • 浸透圧性下痢
  • 炎症性腸疾患
  • 滲出性下痢
  • 分泌性下痢
  • 腸管運動亢進性下痢
  • 消化不良による下痢
  • 経腸栄養剤を使用した際の下痢

などがあります。

下痢の栄養療法

  • 腸の安静と水分補給
  • エネルギー30~35kcal/kg
  • タンパク質1.0~1.2g/kg
  • 急性の下痢は絶食する
  • 症状が軽減するにつれて柔らかいものから摂取
  • 脱水にならないように、水分補給をしっかりと。
  • 消化不良がある場合は、消化が悪い海藻類・きのこ類などを避ける
  • 水溶性食物繊維は、下痢の症状を和らげる(サプリもあり)