ミネラルの過剰症と欠乏症について

水
ミネラルは、5大栄養素の1つであり、人体には欠かせない栄養素になっています。
ですが、ミネラルの摂取量には、十分に注意しないといけません。

なぜならば、もし特定のミネラルが不足した場合、「欠乏症」として人体に悪影響を及ぼします。
しかし、反対に多く摂りすぎてしますと「過剰症」ともなり、人体に悪影響を及ぼします。

ミネラルの過剰症・欠乏症をまとめた表がこちら

 効果注意事項
CCM
(クエン酸リンゴ酸カルシウム)
カルシウムの吸収率が高い1日に適したカルシウムの量は700mgなので、とり過ぎに注意
COO
(カゼインホスホペプチド)
カルシウムの吸収率が高い1日に適したカルシウムの量は700mgなので、とり過ぎに注意
大豆イソフラボン骨のカルシウム維持に役立つ大豆アレルギーの方は注意
たくさん摂取しても、病気が治るわけではありません
ビタミンK2
(メナキノン-7)
カルシウムが骨になるのを助ける特になし
ポリグルタミン酸カルシウムの吸収を助ける1日に適したカルシウムの量は700mgなので、とり過ぎに注意
デキストリンが含まれているため、「とりすぎ・体調・体質」によっては、お腹がゆるくなることがあります。
開封後はお早めにお召し上がりください

1日摂取基準について

日本では、ミネラルは、栄養機能食品という分類にて、表示されている。
その、栄養機能食品の表示では、ミネラルの1日摂取基準というものが表示されています。