フコイダンのがん予防効果【ウソホント】

ワカメ

フコイダンとは

海藻に含まれるネバネバの成分です。
分類上は多糖類になります。

フコイダンとがん予防効果の歴史

1996年に日本がん学会が、フコイダンに抗ガン作用があると発表。
そのメカニズムとしては、細胞は、老化した時に、自死するように遺伝子が組み込まれている。(アポトーシス)
フコイダンは、がん細胞のみを自死する働きがあるというものです。

また、がん細胞は、直径2mm以上になると、新しい血管を作るのですが、フコイダンには、この血管新生を防ぐ効果もあるとされています。
また、フコイダンは免疫を活性化させるので、そのためにガンを予防する効果も言われています。
※試験官試験では、フコイダン大腸がんに効果があったとの報告あり。

フコイダンの効果

・抗ウイルス作用
・抗アレルギー作用
・抗潰瘍作用
・ピロリ菌の抑制効果
・抗凝固作用
・降圧作用
・脂質低下作用
・血糖上昇抑制
・抗腫瘍作用
・インフルエンザウイルス増殖抑制作用
またフコイダンには、花粉症にも効果があるとされています。
※フコイダンにはたくさん種類があり、それらをすべて含めた場合

フコイダンの安全性

フコイダンの遺伝毒性試験において、問題がないことが報告。
4週間摂取後の実験では、血液検査・尿検査・血液凝固系検査において以上はない。
また、薬物代謝酵素による医薬品相互作用の実験においても、影響はなかった。

フコイダンのがん予防効果

フコイダンといっても、たくさんの種類があります。
また、実際にがんを予防したといえるデータはまだまだ不十分です。
よって、フコイダン=がん予防と決めつけるのではなく、日頃の食事の中で、フコイダン(海藻類)を取り入れてより健康にというポジションでよいと思います。