ビタミンの欠乏症と過剰症(過剰摂取)について

野菜

ビタミンの過剰摂取について

  • 脂溶性ビタミン(D・A・K・E)は、排泄されにくい。よって、肝臓に蓄積され過剰摂取になりやすい。
  • 過剰摂取にならないためにも、各ビタミンの許容上限摂取量が、設けられている。
  • 水溶性ビタミン(C・B・Dなど)は、排泄されやすいので、過剰摂取の心配はない。
  • 近年の健康食品ブームによって、継続的な過剰摂取のために、健康を害しているケースが増えています。

ビタミンの欠乏症について

  • 水溶性ビタミン(C・B・Dなど)は、体外に排泄されやすい特徴をもっています。
  • なので、毎日、適量の摂取が健康には望ましいとされています。

各ビタミンの欠乏症と過剰症について

 欠乏症過剰症
ビタミンAとり目(夜盲症)
角膜乾燥
皮膚乾燥
催奇形
肝肥大
ビタミンDくる病
骨軟化症
腎障害
石灰化
ビタミンE溶血性貧血出血時間の園長
ビタミンK出血
ビタミンB1脚気
下肢のむくみ
腱反射の低下
知覚麻痺
心悸亢進
呼吸困難
嘔吐
無尿
ビタミンB2口角炎
口唇・口角の発赤
肌荒れ
電子伝達系の障害
ビタミンB6皮膚炎
貧血(ヘム合成障害による)
けいれん
脂肪肝
※妊婦・経口避妊薬常用者では欠乏を起こしやすい
ビタミンB12巨赤芽球性貧血
神経病
※胃切除者や石生区性胃炎、症状吸収不全の場合に欠乏が起こりやすい
ナイアシンペラグラ(皮膚炎・下痢)
消化管吸収障害
超内出血
葉酸巨赤芽球性貧血
妊娠中の欠乏は未熟児・奇形児形成の可能性がある
子供の欠乏では、成長の遅延、発情期の遅延がある
パントテン酸疲労倦怠感
頭痛
知覚異常
※欠乏症はまれ
ビオチン(ビタミンH)皮膚炎
結膜炎
貧血
脱毛
※欠乏症は通常ない
ビタミンC壊血病
皮下出血
骨の形成不全