ネフローゼ症候群の栄養療法

スムージ

ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群とは、一つの疾患ではなくて、多くの原因からなる共通の症状を指しています。
例えば糖尿病腎症・アミロイド腎・膜性腎症などなど

腎臓の糸球体に以上が出て、蛋白尿が出ます。
また、浮腫・高コレステロール・などがみられます。

ネフローゼ症候群の栄養療法

  • タンパク質・塩分制限
  • エネルギー35kcal/kg
  • タンパク質1.0~112g/kg
  • 塩分0~7g
  • 塩分は浮腫の状態に寄って制限量を変えます。
  • タンパク質制限については、トクホなどの治療食品を利用するのが良いです。
  • また、病院にて、腎臓病の食品交換表を利用するとよいです。(タンパク質3gが1単位)