テレビで紹介された「納豆ダイエット」はウソだった!

納豆
平成19年「発掘!あるある大事典」という、当時大人気だった健康番組が、つぎのようなダイエット方法を紹介しました。
それは「納豆にダイエット効果がある!」というものです。

この放送の影響は大きく、翌日からは店頭から納豆が消えてしまうということが、あちこち起こったのです。
しかし、結果は捏造、つまりウソだったのです。

当時放送された、詳しい内容がこちら

米国の教授日本の教授が、ダイエットの新成分について発表したというもの。
その新成分は、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)と言われ、納豆に含まれているというものです。

さらに、納豆をただ食べるだけではダイエット効果はなく、「黄金法則」というものを紹介したのです。

その法則がこちら

  1. 納豆を2パック食べること
  2. 朝晩の2回にわけて食べること
  3. 納豆は、よく混ぜて20分放置してから食べること

というものでした。

さらに、そのとき放映されたデータがこちら

  • 被験者全員の体重が減少(中にはウエストが減少)
  • 基礎代謝が増加
  • 内臓脂肪が現象
  • 血管年齢の低下
  • コレステロール・中性脂肪の低下

内部調査によって明らかさにされたのがこちら

  • ダイエットに成功したとする人間の写真は、実験とは無関係であった
  • 米国の教授の録音内容は、実は発信されていなかった
  • 中性脂肪が減少したと紹介したが、実際は測定していなかった
  • 新成分とされるDHEA量の検査は行われていなかった

などなど、ずさんなことがわかりました。
現在では、「発掘!あるある大事典」は、放映されていません。
この事件がきっかけとなり、すぐ打ち切りになった模様です。

みなさんも、いくらテレビで紹介されたからといって、なんでも鵜呑みにはせずに、最新の注意を払うようにしてください。