タンパク質の種類&分類

大豆
タンパク質は、約20種類のアミノ酸がペプチド結合によって連なった化合物です。
筋肉・酵素・抗体の主要成分です。

必須アミノ酸

生体内に存在するアミノ酸の内、バリン・ロイシン・スレオニン・トリプトファン・フェニルアラニン・イソロイシン・メチオニン・リシン・ヒスチジンを必須アミノ酸と言います。
生体内では、作れず食べ物から摂取しないといけません。
健常人では、欠乏することは少ないですが、病人で栄養摂取が困難な場合は、重要な成分となります。

タンパク質の種類

タンパク質は、機能によっても分類できます。
人体には、約10万種類のタンパク質があります。

名称働き
バリン分岐鎖アミノ酸
筋肉から放出され脳に優先的に取り込まれる
ロイシン分岐鎖アミノ酸
疲労回復・体力向上
イソロイシン分岐鎖アミノ酸
肝機能を高める
神経を整える
メチオニン含硫アミノ酸
メチル化反応に必要
フェニルアラニン芳香族アミノ酸
サイロキシンに変化
人工甘味料の素
トリプトファン芳香族アミノ酸
セロトニン・メラトニンの前駆体
ナイアシンの前駆体
リジンカゼインから発見された
コラーゲン・ケラチンに含まれる
スレオニン脂肪肝を抑制する働き
ヒスチジン組織タンパク質を分解すると得られる
白血球・赤血球のヘモグロビンに多く含まれている
ヒスチジンからヒスタミンが作られる

アミノ酸の働き

必須アミノ酸

名称働き
アルギニン乳幼児は必須
尿素サイクルに必要
一酸化窒素の材料になる
成長ホルモン・インスリン・グルカゴンの分泌を刺激
アスパラギンアスパラギン酸から合成
アスパラギン酸アスパラガスに多く含まれることから命名
TCAサイクル・尿素サイクル・核酸合成に重要
疲労に対する抵抗力を高める
アラニン肝臓のエネルギー源として利用される
飢餓時に糖新生アミノ酸として重要
グルタミンに並ぶ主要なアミノ酸輸送形態
グリシンコラーゲン・ケラチンに多く含まれる
ポルフィリンの材料
グルタミングルタミン酸のアミド型で胃や腸管の機能を保つ働きがある
血中に最も多く含まれるアミノ酸
窒素の肝臓への輸送形態となる
小腸や免疫系細胞などのエネルギー源となる
グルタミン酸小麦タンパク質のグルテンから分離されたので命名
アミノ基転移反応の中心的役割を担う
旨味の成分となる
記憶に必要な成分となる
システイン硫黄を含むアミノ酸
セリンリン脂質の成分となる
血中コレステロールの調節や脳の代謝促進作用がある
腎臓から放出される
プロリン骨・腱・靭帯などのコラーゲンに多く含まれる
アルコールに溶ける
チロシンチーズをアルカリで処理するとできるので命名された芳香族アミノ酸
フェニルアラニンが酸化されて生成
ドーパパミン・ノルアドレナリン・アドレナリンの材料となる

非必須アミノ酸

アミノ酸生体物質機能
フェニルアラニンドーパミン→
ノルアドレナリン→
アドレナリン
神経伝達
トリプトファンセロトニン
→メラトニン
神経伝達
アルギニン一酸化窒素血管拡張
情報伝達
ヒスチジンヒスタミン炎症反応
グルタミン酸γ-アミノ酪酸(GABA)神経伝達
グルタミン酸
システイン
グリシン
グルタチオン酸化還元
解毒
チロシンサイロキシン甲状腺ホルモン
チロシンチラミン神経伝達
トリプトファンナイアシンNADの成分
グルタミン
グリシン
アスパラギン酸
プリンヌクレオチド核酸の成分
グリシン
アルギニン
クレアチン
→クレアチンリン酸
高エネルギーの一時貯蔵
メチオニンS-アデノシルメチオニンメチル基転移反応
グリシンポルフィリン
ヘモグロビン等のヘム化合物の成分