グレープフルーツジュースによって、効きすぎる薬

グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースを飲むと、副作用がでる薬一覧

薬効分類一般名
気管支拡張薬テオフィリン
アミノフィリン
コリンテオフィリン
免疫抑制薬シクロスポリン
タクロリムス
抗HIV薬リトナビル
サキナビル
インジナビル
抗てんかん薬フェニトイン
カルバマゼピン
フェノバルビタール
抗不整脈薬ジソピラミド
アミオダロン
リドカイン
キニジン
プロパフェノン
強心薬ジギトキシン
ジゴキシン
メチルジゴキシン
抗凝固薬ワルファリン
経口避妊薬エチニルエストラジオール・ノルエチステロン
エチニルエストラジオール・デソゲストレル
なぜ、グレープフルーツジュースを飲むと、副作用が出る(薬が効きすぎる)のでしょうか。
人間は、薬を代謝酵素によって分解します。
しかし、グレープフルーツジュースに含まれる「フラノクマリン」「オキシソラレン」などの成分が、
代謝酵素(CYP3A4)を効かなくしてしまうのです。
それによって、薬が分解されずに、いつまでも体内にとどまるので、服用が出る(薬が効きすぎる)ということが起きるのです。

グレープフルーツジュースによる副作用は、短時間で発現します。
そして、その現象は3日~7日ほど持続します。