グァバ葉ポリフェノールの副作用と注意点

グァバ

グァバ葉ポリフェノールとは

グァバ葉ポリフェノールは、西インド諸島・南米などで食されてきました。
健康効果のある食品として、愛用されており「下痢止め・整腸作用・めまい」などに有効とされています。

トクホに使用されています

日本では、トクホとしても認定される食品にも含まれており、その効果は血糖値の上昇を抑える効果があるのです。
少し、専門的な表現になりますが、α-グルコシダーゼ阻害作用によって、血糖値が上がりにくくなるのです。
人間を対象にした臨床試験でも、血糖値の上昇を抑える働きが確認されています。

注意喚起表示

トクホは、注意喚起表示が義務付けられています。
グァバ葉ポリフェノールの場合、以下のように書かれています。
多量に摂取することにより病気が治ったり、より健康になるわけではありません。

医薬品との相互作用

グァバ葉ポリフェノールと医薬品との相互作用で気をつけないといけないのは、糖尿病治療薬との相互作用です。
とくに、報告はないようですが、低血糖には注意が必要です。

注意点(副作用)

腸内にオリゴ糖を蓄積させるので、腸内細菌叢が変化したり、糖自身の作用で軟便・下痢が起こる場合もあります。