がんの原因を徹底解説!

細菌のイメージ
国立がんセンターが、発表した「がん予防の12か条」というものがあります。
その「がん予防の12か条」を徹底解説していきます!

まずその12か条はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓

  1. バランスのとれた栄養
  2. 毎日変化のある食生活を
  3. 食べ過ぎをさけ脂肪は控えめに
  4. お酒はほどほどに
  5. タバコは少なく
  6. 適量のビタミンと繊維を多く
  7. 塩分を控え、熱いものはさまして
  8. 焦げた部分はさける
  9. カビの生えたものに注意
  10. 日光に当たりすぎない
  11. 適度なスポーツを
  12. 体を清潔に

それでは、1つずつ詳細を説明していきます。

バランスのとれた栄養

バランスのとれた栄養とは、人間の7大栄養素をバランスよくという意味です。
ちなみに7大栄養素とは、糖質(炭水化物)・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカル
この7大栄養素を摂るためには、野菜・果物・海藻・大豆製品なども積極的に食べないといけないことになります。
当然のことながら、ジャンクフード・惣菜品(肉系)ばかりを食べていると、栄養のバランスを崩しがちです。

毎日変化のある食生活を

変化のある食事によって、特定の食品が有する発ガン物質を多量に摂取することを防げるのです。

食べ過ぎをさけ脂肪は控えめに

食べ過ぎ・脂肪のとりすぎは、メタボリックシンドロームに直結します。
メタボリックシンドロームは、ガンと密接な関係があるのです。
さらには、高脂肪食は乳がんとその他のがんとの因果関係が疫学的に証明されています。

お酒はほどほどに

お酒を飲みすぎるとアルコール性肝硬変になります。
アルコール肝硬変は、がんに移行しやすいのです。
また、アルコール濃度の高いお酒と食道がんの関係も指摘されています。

タバコは少なく

タバコと発ガンの関係は、言うまでもありません。
タバコに含まれる毒素が、多量の活性酸素を発生させることにより、発ガンのリスクを高めます。

適量のビタミンと繊維を多く

ビタミンA・C・Eは、抗酸化作用が強くがんを予防する効果があります。
緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンにいたっては、ガンを予防する信頼性の高い実験データがあります。
また、食物繊維は、大腸がん抑制に関してかなりの疫学的な報告があります。

塩分を控え、熱いものはさまして

塩分はがんのプロモーター(発現)としての作用がよく知られています。
熱い食品をよく摂取する人は、「食道がん」「火傷の跡の皮膚がん」の発症がよく知られています。

焦げた部分はさける

肉や魚の焼け焦げた部分には「ベンツピレン」などの煙草の煙に含まれる成分と同様のかなり強力な発がん物質が発見されています。

カビの生えたものに注意

カビに含まれるマイコトキシンにはアフラトキシンのような発がん物質もよく知られています。

日光に当たりすぎない

日光つまり、紫外線を浴びすぎることは、皮膚がんの原因になると言われています。

適度なスポーツを

適度なスポーツは、体の代謝を活性させて、血流や免疫力などを改善させます。
そのことにより、ガンを予防する力(いわば免疫力)がアップするので、がん予防に「適度なスポーツ」が推奨されます。

体を清潔に

体が不潔だと、体内に菌が侵入しやすくなります。
その菌自体が、発ガンの原因にもなりえるでしょうし、また菌に侵されることは全体の免疫力を下げることになり、ガンを野放しにしてしまうことにつながるのです。