がんの予防

サラダ
まずは、それぞれのガンの特徴

食道がん

60歳以上の男性に多い
特徴として、喉が使える感じ、食べ物がしみるなどがあります。
ガンが進行すると、食堂が狭くなり、固形物が使えるようになります。
最終的には、水も唾液も通らなくなり戻すように

胃がん

胃がんはガンの20%にも相当します。
胃がんには、胃がんが影響するものと胃炎が付随するものとあります。
胃がんでは、通過障害、胃炎では、悪心・嘔吐などがあります。
その他、全身倦怠感・吐血・下血・腹痛があります

大腸がん

大腸がんは、環境的要因が重要だとされています。
大腸がんの部位によっては、血便・便秘などの症状があります

肝臓がん

肝臓がんは自覚症状が少ないです。
肝臓がんの90%は、肝硬変に合併します。

がんの予防

ガンは食生活と密接に関係していると言われます。
また、WHOが、報告したものによると、明らかにガンの予防と関連しているものがあります。
それがこちら↓

  • 運動と:結腸がん
  • 肥満と:食道がん・大腸がん・腎臓がん・乳がん・子宮がん
  • 飲酒と:喉頭がん・食道がん・肝臓がん・乳がん
  • アフラトキシン(カビ)と:肝臓がん
  • 中国式塩蔵魚と:咽頭がん

がん予防12か条

  1. バランスの取れた栄養を取る
  2. 毎日変化のある食生活
  3. 食べ過ぎを酒、脂肪は控えめに
  4. お酒は程々に
  5. タバコはなるべく辞める
  6. 食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く摂る
  7. 塩辛い物は少なめに、熱いものは覚ましてから食べる
  8. 焦げた部分は避ける
  9. カビには注意
  10. 日光に当たりすぎない
  11. 適度にスポーツをする
  12. 体を清潔に保つ