「機能性表示食品」という分類ができるまで、酷かった健康食品業界

機能性表示食品の模式図
平成27年4月より「機能性表示食品」という分類ができました。
この分類によって、我々国民は、安全性をより高めることができるようになったのです。
では、この「機能性表示食品」とはなんでしょうか。

新制度「機能性表示食品」とは

有効性・安全性・医薬品との相互作用・表示方法・被害情報収取体制に一定のルールを課した新しい保健機能食品のカテゴリーです。

では、「機能性表示食品」は、具体的にどのような点を改善したのか?

1.医薬品のような効果を謳う物を厳しくした。

分類前は医薬品でもないのに、「糖尿病に効く!」とか「高血圧に効く!」といった、混乱させる表現が多く見られました。
中には抽象的な表現を使うために、薬機法(薬事法)にひかかっている物までありました。
「機能性表示食品」では、これを厳しくしました。

2.有効性の効果があいまいだった問題を改善

分類前は、動物実験+体験談で終わっているものがありました。(不十分)
「機能性表示食品」では、しっかりとした試験に合格しないと表示できないようにした。

3.安全性に関する裏付けが乏しい問題を改善

分類前には、安全性に疑問が残る健康食品もありました。
「機能性表示食品」では、品質ガイドラインによって、これを改善。

4.医薬品との相互作用があいまいだった件を改善

健康食品の中には、薬の効果を弱めたり、強くしてしまうなどの相互作用が問題だった
「機能性表示食品」では、その点をしっかりと改善した。

5.表示に関する規制があいまいだった件を改善

今までは、薬事法(薬機法)・食品衛生法・景品表示法などによって、あいまいに表示されていたが、
「機能性表示食品」では、新しいルールのもとに改善。

6.健康被害情報の収集体制が整備されていなかった問題を改善

医薬品の場合、販売の許可がおりて販売された後でも、絶えず副作用情報を収集しています。
副作用の問題がないか、厚生省により、厳重に管理されているのです。

しかし、健康食品にはこうした制度はありません。
健康食品に、健康被害情報収集やその報告義務はありません。

しかし「機能性表示食品」では、新たな収集制度を設けています。

これらは、「機能性表示食品」には含まれません↓

  • 病気にかかっている人・未成年者・妊産婦、授乳婦を対象に開発された食品
  • 効果の成分が、明確でない食品
  • 効果の成分が、食事摂取基準に定められた栄養素であること
  • トクホ・特別用途食品・栄養機能食品・アルコール飲料
  • 脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類、ナトリウムの過剰摂取となる食品